視力回復の方法

自分に合った矯正方法

ハンカチを噛む

視力を矯正させる方法や回復させる方法はいくつかあります。一番歴史が長いのは眼鏡でしょう。眼鏡の最大のメリットは目に傷がつくことがないという事です。着脱も簡単ですし、角膜等にも傷が付きませんから目のためには一番良いかもしれません。しかし、フレームなどによって耳が痛くなったり、視野が狭くなったりとデメリットもあります。特に身体を動かすような仕事を行っている方は眼鏡がずれたり汗で汚れてしまうので不便に感じることが多いかもしれません。一番ベーシックな視力矯正方法ですが、人によってはデメリットの方が多いと言えます。視力矯正方法は年々進化しつつあり、近年では矯正器具などを一切しようしなくても矯正出来る手術などもあります。

需要が高い矯正方法

視力矯正方法として若い世代を中心に需要が高いものとしてコンタクトレンズが挙げられます。角膜に直接装着することによってずれることもありませんし、視野が狭くなることもありません。デメリットとしてはケアに多少手間がかかるという点と、角膜に直接装着しますから、使用の仕方によっては角膜に傷をつけてしまう可能性があるということです。そして、コストもかかるというデメリットもあります。しかし眼鏡に比べてずれる心配もありませんし、見た目も変わらないというメリットもあります。最近ではオシャレの為にカラーのコンタクトレンズを使用する方も増加してきました。視力矯正の道具としてだけではなく、コンタクトレンズはオシャレにも利用されています。